インプラントについて

インプラントとは?

インプラントは、唯一他の歯に負担が掛からない、自分の歯を守る治療法です。

インプラントは第二の永久歯と呼ばれる人工歯根(じんこうしこん)です。歯を失った部分に人工の歯の根を埋めてその上に人工の歯をはめ込む治療法です。

インプラントは天然の歯と同じように顎の骨に固定されるので、まるで自分の歯が生えてきたようにしっかりと噛むことができます。

ブリッジのように隣の歯を削ったり負担をかけることありません。

また入れ歯のような異物感もありません。

 みやざき歯科では、主にインプラントを埋め込む手術が、1回で済み、骨との結合も早く、日本人の顎の大きさに合った純国産のマイティスアローインプラントを使用しています。

歯の抜けた状態

インプラントを埋め込んだ状態

人口の歯を被せた状態

当院のインプラントについて


みやざき歯科は信頼できる国産メーカー[マイティスアローインプラント]を使用しています。

純チタンタイプのインプラントでありながら、HAの利点も存在するユニークなインプラントです。コーティング層が表面に存在しないため、摩擦によって剥離 することがないという点、リン酸カルシウム(HAPとTCP)でサンドブラスト表面処理を行うため、アルミナなどの生体不活性物質が無いので高い生体親和 性を持つという特徴があります。

実際の使用感としては、国産メーカーなので日本人の顎の骨の大きさに合わせて作られている。感染に強く安定度が高いように思われます。

マイティスアローインプラントの詳細はこちら≫

CT撮影

当院では、歯科用CTを撮影することによって安心安全な、インプラント手術を可能にしています。





インプラント治療の流れ

 1  カウンセリング

歯を失なった理由や、お口の状態は個人差があります。当医院では患者様一人一人にあった、丁寧なカウンセリングをおこない、治療法を決定していきます。

 2  診査・治療計画

インプラント予定部のCT撮影、周囲の顎の骨や歯の状態、歯周病の有無など様々な検査を行い、患者様に合った治療計画を立てていきます。

 3  インプラント手術

歯を失った所へインプラントを埋め込んだ後、あごの骨にしっかりと結合するまで、通常は数カ月ほど待ちます。当院では、インプラントを埋め込む手術が、1回で済む、純国産のインプラントを使用しています。顎の骨とインプラントが結合したら、インプラントに支台を取り付け、人工の歯をつくります。

 4  定期健診、メインテナンス

インプラントはむし歯にはなりませんが、細菌感染には弱いため、自分の歯以上の丁寧なセルフケアが必要になります。治療後は、正しいホームケアを行うとともに、医師の指示に従った定期検診が必要です。当院では個人に合わせたメインテナンスプログラムをご提案しますのでご安心ください。

インプラントの「メリット」と「デメリット」

 インプラントのメリット 

  • 見た目が美しく、自分の歯と同じように噛むことができます。
  • 安定した噛み合わせを、長期間にわたり保つことが可能です。
  • 他の歯にかかる負担が少なく、残った自分の歯を長持ちさせることができます。
  • インプラントが顎の骨に力を加えるため、顎の骨が痩せるのを防止する効果があります。
  • 多くの歯を失った場合も対応可能です。

 インプラントのデメリット 

  • 自費診療(保険外診療)のため比較的料金が高くなります。
  • 綿密な検査、治療を行うため期間が長くなります。(2か月~)
  • 定期的なメンテナンスが必要です。
  • 歯ぎしりが強い方や強度の糖尿病の方など、治療ができない場合があります。
  • 永久的なものではありません。(10年で90%は、持つと言われています。)

インプラント治療に向いている人と、向いてない人

 インプラント治療に向いている人 

  • 自分の歯をこれ以上失いたくない人
  • 歯のことに関心があり、日頃から丁寧にブラッシングできる人
  • 喫煙しないかた
  • 定期健診においでになるかた
  • 健康状態が、良好なかた
  • 歯周病の進行が、現在無いかた


 インプラント治療に向いていない人 

  • 歯を上手く磨けないかた
  • 歯に関心のないかた
  • 生活が不規則なかた
  • ヘビースモーカー
  • 糖尿病の進行しているかた
  • 骨そしょう症が進行しているかた
  • 検診に来られないかた

インプラントと入れ歯の違い

インプラントと入れ歯では主に3つの点で違いがあります。

違いその1:違和感がない

取り外す必要がなく手入れも簡単!

インプラントは入れ歯のような異物感がまったくありません。取り外す必要も一切なく自分の歯と同じように使えるので、インプラントであることを忘れてしまうほど自然です。

違いその2:よく噛める!痛くない!

自然の歯と変わらない噛み心地

入れ歯は痛みを感じやすい歯茎が直接その力を支えているため、自然の歯の20%~30%程度しか噛めません。 直接骨に固定するインプラントなら、自然の歯に匹敵する力で、しっかりと噛むことができます。

違いその3周りの歯にやさしい

健康な歯に負担をかけない!

部分入れ歯は、しっかりと固定するため、健康な歯にバネをかけて使用します。 そのため、健康な歯に負担がかかったり、バネにプラークがたまりやすいなどの欠点があります。
その点インプラントは、骨にしっかりと固定されるため、周りの歯にまったく影響を与えません。

インプラントとブリッジの違い

インプラントとブリッジでは主に2つの点で違いがあります。

違いその1健康な歯を削らない

ブリッジの最大の欠点を解消!!

ブリッジは、両側の歯を土台にして作るため、どうしても両側の歯を大きく削る必要があります。虫歯や被せのものが

無い健康な歯を削ることによる神経へのダメージや将来つなぎ目から虫歯になる可能性がありますが、インプラントは

両側の歯は全くさわらずに治療ができます。

違いその2周りの歯に負担がかからない・とっても長持ち

「第2の永久歯」といわれるインプラント

ブリッジは土台となる歯に大きな負担がかかります。場合によっては折れてしまうことも。
さらに、ブリッジの土台の周辺にはプラークがたまりやすく、むし歯や歯周病の原因に。そのため、約半数のブリッジが10年以内に壊れてしまうといわれています。
その点、土台のいらないインプラントなら、周りの歯に負担をかけないので、そんな心配も最小限。耐久性においてもインプラントはすぐれた性質をもっています。

失ってしまった歯の治療法

失ってしまった歯の治療法メニュー

↓下記の表をクリックすると拡大してご覧いただけます。

インプラント治療法

インプラント治療費

トータル(手術から最終的な歯をセットするまで)  ¥280000(税込)から

CT撮影、シュミレーション模型作成費込の価格となります。
治療費の詳細については、お問い合わせ・ご相談ください。
インプラント治療も「医療費控除」の対象となります。詳しくは、「インプラント費用の控除」を参照下さい。

インプラント費用の控除

自分や家族が病気になり医療費を支払った場合、支払った医療費のうち一定の金額を所得から控除することができます。これを「医療費控除」と言い、インプラントも対象となりえます。

詳しくは、「国税庁タックスアンサー」をご覧ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1128.htm

インプラント治療について

Q.インプラント治療は誰でも受けられますか?

A.ほとんどの方が受けられます。しかし、インプラントを埋め込む顎の骨の量が少ない場合は、骨移植を行ったり、特殊な処置(GBR・サイナスリフト・ソケットリフト・リッジオーグメンテーションなど)によって、骨の量を増やしてから治療を行うケースもあります。また、骨などに大きな問題がある場合やその他、主治医 の判断で、インプラント治療が行えない場合もあります。

Q.歯以外に疾患がある場合、インプラント治療は受けられますか? 

A.疾患の程度によっては、インプラントの手術が難しいこともありますので、ご相談ください。
特に糖尿病、腎臓や肝臓の疾患、喘息などの呼吸器系疾患、高・低血圧の方などは、その病気を治療している主治医の意見なども参考にして総合的に判断します。また、妊娠中の方は出産後が望ましいでしょう。

Q.インプラント治療は何歳でもできますか? 

A.顎の骨の成長が止まる時期を考慮すると、だいたい16歳以上ならインプラント治療が可能です。
また、医学的に条件が整えば、年齢の上限はありません。

Q.事故やスポーツが原因で歯を失ったときでも、インプラントで治せますか? 

A.もちろん治療可能です。
事故やスポーツで歯を失った場合は、周りの歯が傷ついてない場合が多いため、これらの歯を削らずに済むインプラント治療が第1選択となります。

Q.治療期間はどれくらいかかりますか? 

A.インプラントの種類・手術方法・先だって行う手術・処置、また下顎か上顎かによっても異なります。 さらにさまざまな検査や虫歯・歯周病・噛み合わせの治療などがあれば、その治療などの期間も加えると長くなる場合もあります。平均的には3ヶ月~です。※症例・状態により異なります。

インプラントについて

Q.インプラントを装着して体に影響がありますか? 

A.インプラントは、人体になじみやすく腐食しないもので、拒絶反応を起こさないことが証明された材料を使用しますので、体に悪い影響はありません。

Q.外観からインプラントをしていることがわかりますか? 

A.インプラントは、従来の取り外しの入れ歯のような金属製バネなどは一切使用せず、人工歯の色や大きさも、患者さんの希望にそって精密に作成します。
天然歯とほとんど見分けがつきませんので、歯を気にすることなく、人前で笑ったり話したりすることができます。

Q.インプラントはどれくらいもつのでしょうか? 

A.インプラント自体は長期的に安定した状態を保つことがわかっています。
しかし、周囲の骨や歯肉の炎症が起こることは、天然の歯と全く変わりませんので、そのために、インプラント自体に問題がなくても、インプラントを抜かなくてはならないこともあります。そうならないためにも、毎日のホームケアと歯科医院でのチェック が重要です。

また、インプラントの上に取り付けた人工の歯は、構造上ある程度の寿命がありますので、調整や補修・作り替えが必要な場合もあります。

インプラントの手術について

Q.インプラントの手術は安全なのでしょうか? 

A.インプラントの手術前に各種の検査(CT撮影も行います)を行います。

顎の骨の形や状態を正確に把握し、神経や血管などに十分配慮しながら手術を行うので、安全 性にはほとんど問題ありません。インプラントの治療に際しても、解剖学的理由などで、手術が困難だったり、手術の安全性に問題がある場合には、そのご説明いたします。また当院では、術後のCT撮影も行いますので、正しい位置にインプラントを入れることができたかが、すぐに確認できます。

Q.インプラントの手術は痛くないですか? 

A.インプラントの手術は局所麻酔で行いますから、痛みの心配はありません。
手術時間は約30分~1時間くらいです。

インプラントの痛みについて

Q.痛みや腫れはありますか? 

A.インプラントを埋め込む時などには、しっかりと麻酔を効かせて治療していきますので、痛みを感じることはありません。 治療後に、多少の痛みや腫れがでることもありますが、痛みはお薬で抑えられる程度のものです。

インプラントの費用について

Q.インプラントの費用はどれくらいかかりますか? 

A.インプラント治療を行う本数や治療方法によって費用は異なります。
あくまでも健康保険の対象外ですので費用は高めになります。あらかじめ、よく相談し、納得してから治療を受けましょう。

Q.インプラント費用の控除はありますか? 

A.自分や家族が病気になり医療費を支払った場合、支払った医療費のうち一定の金額を所得から控除することができます。これを「医療費控除」と言い、インプラントも対象となりえます。


詳しくは、「国税庁タックスアンサー」をご覧ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1128.htm

お知らせ

夏季休診のお知らせ

8月11日から8月16日は休診となります。

8月9日(水)は振替診療いたします。



院長コラム
E PARK   みやざき歯科