歯周病について

歯周病とは?

知っていますか?30歳以上の成人の約80%が歯周病にかかっています

歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。

歯周病になると歯がぐらつき、歯ぐきから膿が出てきます。そしてぐらついた歯が抜け落ちてしまうという恐ろしい病気です。また、1本にとどまらず口の中全体に広がっていきます。

また、歯周病は歯を失うだけでなく、心臓病や糖尿病などの全身疾患にも悪影響を与えています。歯周病は自覚症状が少なく、気付いたときには手遅れになっている場合もあります。

歯周病の症状

  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • ブラッシング時に出血する。
  • 口臭が気になる。
  • 歯肉がむずがゆい、痛い。
  • 歯肉が赤く腫れている。 (健康的な歯肉はピンク色でひきしまっている)
  • かたい物が噛みにくい。
  • 歯が長くなったような気がする。
  • 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に 隙間がでてきた。

このような症状がひとつでもある人はある程度の差はあれ、歯周病の可能性があります。心当たりがある方は、検査を受けることをおすすめします。

歯周病の治療

歯周病の治療の流れ

 1  検査(進行具合の検査、お口の中の清掃状態の検査、x線検査等)

 2  診断と治療方針の決定

 3  必要に応じて、歯ブラシ等清掃方法の指導、生活習慣の改善

 4  歯の表面の歯石、及ぶ汚れの除去

 5  再検査

 6  再検査後、

  • 状態が改善し炎症が見られない場合→治療終了、定期健診へ
  • 炎症があり治癒していない場合

 7  歯肉の下に存在する黒い歯石(歯肉縁下歯石)を最大6回に分けて取って行きます。痛くないように歯肉に少し麻       酔をしてから取ることが、多いです。

 8  再検査し、治療終了か、さらに治療するか判定します。

 9  麻酔をして歯茎を一部分開けて,歯の根の周りの歯石や、汚れを直接目で確認しながら確実に除去します。

 10  場合によっては、歯周病菌に有効な抗生剤を服用してもらいます。

 11  一連の治療で病態が、安定すれば、3~6カ月ごとに検診を受けていただきます。

みやざき歯科での歯周病治療の特色

歯周病治療に積極的に取り組んでいるかどうかは、歯科医院によって大きく異なります。

  • 患者さんごとにお口の中の状態は異なりますので、それぞれの方に合った歯ブラシの使用方法を、担当の歯科衛生士の助言のもとマスターしていきます。
  • ブラッシングの時間、回数、食事、間食等、問題がないか確認します。
  • 歯肉の下に隠れている歯石(歯肉縁下歯石)を、拡大鏡を使用しながら、徹底的に除去します。痛くないように麻酔をすることもあります。
  • 歯周病菌に有効な、抗生剤を服用していただく歯周内科治療を行っています。
  • 虫歯の治療や、被せもの治療の前に必ず歯周病の治療を行い、歯肉が健康になってから、精度の高い虫歯の治療や被せものをします。

お知らせ

夏季休診のお知らせ

8月11日から8月16日は休診となります。

8月9日(水)は振替診療いたします。



院長コラム
E PARK   みやざき歯科