予防歯科 Q&A

 Q  治療が全て終わりました。次回はまた痛くなったらで大丈夫ですか?

虫歯も歯周病も自覚症状がでたときには、かなり進んでいることが、多いです。自分で口の中を隅々までみることはできません。ざっくり行ってしまえば、虫歯の治療は、歯を削って人工物に置き換えただけなのでどうしてもすこしずつですが劣化します。車に車検が、必要なようにお口の中の状態を良い状態の保つためには定期検診は絶対必要です。悪くなったからではなく悪くならないよう歯科医院に行くのが、良い歯科医院の掛かり方です。その方が時間もお金も大幅に節約できます。


 Q  では定期健診には、どのくらいの間隔で行けばよいですか?

当院では、歯周病の再発のリスクの高い方、虫歯のリスクの高い方は、3ヶ月、それ以外の方は6カ月ごとに来院していただくようにお願いしています。


 Q  定期健診にちゃんといっているのに進行している虫歯が見つかったのですが?

なかなか難しい問題です。大部分の方はその歯科医院にかかる以前に、他の歯科医院で治療を受けています。他の歯科医院で治療してあるすべての歯を、新しく治療し直すことはないので、当然以前の治療してそのままの歯もあります。そのような歯で、実際に、前回の詰め物をはずしてみないと悪くなっているかどうか解らない場合も多いのです。レントゲンを撮ってもわからない虫歯の部分も、結構あります。


 Q  虫歯になりやすい人となりにくい人はいますか?

お口の中の環境が虫歯菌が活動しやすい状態になっているかどうかで、虫歯の進行の速さが、大きく異なります。自分のお口の中の状態が、どうであるか良く調べてもらい、それに合った対処をすることが必要です。

一般的には、やはり甘いものをだらだら食べたり、歯を磨かずにそのまま寝てしまうような生活を続けると、非常にリスクは高まります。


 Q  定期健診を受ける以外に自分で気をつけることは?

繰り返しになりますが、悪くなれば歯科医院行って治療してもらうという考えだけでは、長期間お口に中の健康を維持することは不可能です。まず、日頃からお口の中の健康に関心がないと難しいです。

口の中に関心のない方は、一旦歯科治療が終わると、いくら歯垢や歯石がついても気にならないようです。治療中は、できるだけ関心を持ってもらうように説明するのですが、難しいです。

お知らせ

夏季休診のお知らせ

8月11日から8月16日は休診となります。

8月9日(水)は振替診療いたします。



院長コラム
E PARK   みやざき歯科