ホワイトニングについて

ホワイトニングとは?

歯のホワイトニングとは、加齢、生活習慣、遺伝などが原因で黄ばんだ歯を、薬の力で白く漂白する方法です。海外ではブリーチングという表現をすることもありますが同じ意味です。

以前では歯を白くするには歯を削って白い歯をかぶせたり、歯の表面に付け爪のようなものを貼ったりする方法しかありませんでしたが、現在のホワイトニングは、歯科医院によりさまざまですが、歯の表面に過酸化水素を主成分とした薬剤を塗って漂白する方法、個人の歯に合わせて作られたトレー(マウスピース)にジェル状の漂白剤を注入して歯に装着する方法などによって歯自体を白くすることが可能となりました。

ホワイトニングには、歯科医院で行うホワイトニングのオフィスホワイトニングと家庭で行うホワイトニングのホームホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、まず歯の表面をクリーニングし、オフィスホワイトニング専用の薬剤を歯の表面に塗って、光や熱を照射することで歯を白くします。歯の表面に照射する光や熱に関しては、歯科医院によって様々な方法で施術されます。

オフィスホワイトニングは短時間に白くすることができますが、その分後戻りも早いと言われています。一般に使用する薬剤は比較的濃度の高い30%~35%程度の過酸化水素を含む薬剤を使用します。

当院では最新のホワイトニング専用LEDライトBRILLICA(.ブリリカ)と、国内で認可されているものでは最も効果が高いとされるTION(ティオン)オフィスの組み合わせでオフィスホワイトニングを行っております。このシステムだと特殊なマウスピースに専用ライトがくっついていますので、顔を動かしてもライトがずれることが無く負担が少ないです。またTIONは、術後の知覚過敏が最も出にくいホワイトンング材だといわれています。(当院価格上下27000円)

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは自宅でホワイトニングを行なう方法です。個人の歯の形に合ったマウスピース(カスタムトレー)を歯科医院で作り、そのトレーの中にホームホワイトニング専用の薬剤を入れて歯に毎日1~2時間連続して装着しそれを2週間から3週間ほど続けていく方法です。

薬剤は自宅で行うこともあり、オフィスホワイトニングとは異なり低濃度の10%過酸化尿素や3%程度の過酸化水素を含む薬剤を使用します。

(当院価格上下21600円)

ホワイトニングの注意点

歯肉の漂白

  • 差し歯や詰め物はホワイトニングできません。
  • ヘビースモーカーの方は、後戻りが早いです。
  • 年1~2回、追加のホワイトニングをすると、長期間白い歯を保てます。



歯肉の黒ずみ(メラニン色素)を取るホワイトニングもあります

特殊な薬剤を歯肉に塗布するだけで、黒ずみを取る方法があります。痛みも無く非常に簡単に行えますので、気になっている方は是非試されると良いと思います。保険外治療になります。(当院価格4320円~)

神経のない歯のホワイトニング(お勧め)

ホワイトニングコーディネータ

神経を取って黒ずんでしまった歯もホワイトニングできます。(ウォーキングブリーチ)

歯の裏から漂白の薬剤を入れて1週間おきに2~3回交換します。(当院価格5400円)

前歯などでかなり時間が経っていても差し歯にせずに、白い歯にもどります。患者さんの満足度の高い治療の一つです。

当院には、日本審美歯科学会認定のホワイトニングコーディネータの歯科衛生士が、在籍しておりますので、安心してホワイトニングが受けられます。

ホワイトニングQ&A

どのくらい白くなりますか?

歯の白さは個人差が大きく、歯の質や大きさ、普段食べるものや嗜好品などに影響されるため、一般に「ここまで白くなります」とお約束することは難しいです。当院では、施術前のカウンセリング時に、歯の色見本や過去の症例を一緒にご覧いただきながら患者様のご希望をお伺いしてから、患者様一人ひとりに合わせた施術プランをご提案させていただきます。


何回通えば白くなりますか?

通常当院では、オフィスホワイトングは2回行うことにより、多くのかたが満足されています


白さはどのくらい持ちますか?

一度ホワイトニングをすると以前の色に戻ることは、ありませんが、少しずつ色素は付いてきますので3か月~半年おきにメンテナンスのホワイトニング(当院価格3240円)を行っていただくことをお勧めしています。


ホワイトニングすると歯にダメージありますか?

歯そのものにダメージはありませんので、もろくなる、虫歯になりやすくなるということはありません。

しみたり、知覚過敏になりませんか?

当院で使用するホワイトニング剤(TION オフィス)では、しみる症状は、ほとんど出ておりません。ホームホワイトニングでは、長時間続けると一時的に知覚過敏の症状がでることがありますが、ホワイトニング処置を中断すれば数日で収まるのでその後再開すればよろしいでしょう。


ホワイトニングをした後の注意点は?

ホワイトニングをした後は、歯の表面を覆っている被膜が無くなるため、非常にデリケートな状態になります。そのため、コーヒーや紅茶、赤ワインなど色素の濃い飲み物、ミートソース、カレーなど食べもの、喫煙は控えて下さい。


ホワイトニングをすると、差し歯の色が気になるのですが

ホワイトニングは、義歯、詰めものや被せものをした歯、薬のぬれない奥歯には施術できません。しかし、ホワイトニングをした後、白い歯に合わせて、セラミック等の歯を入れることができます。


お知らせ

夏季休診のお知らせ

8月11日から8月16日は休診となります。

8月9日(水)は振替診療いたします。



院長コラム
E PARK   みやざき歯科